「“相棒”と一緒に、父とのお別れ」

神奈川県相模原市 S様(男性)

 父は昔気質の一本気な性格で、仕事も趣味も妥協せず、自分が思った通りに全てやりきる人でした。若い頃は家庭のことは母に任せきりでしたが、母の体調が思わしくなくなってからは掃除や洗濯、料理までの家事一切を母に代わって引き受けておりましたので、年を重ねてその一本気な性格が家庭の中で良い方向に発揮されたようです。

若い頃から将棋を趣味にしており、将棋クラブ在籍中には数々の賞も獲得。父の世代には珍しく、ゲームでも将棋に没頭する一面もありました。そんな父の晩年の「相棒」となったマックスが実家にやってきたのは、今から7年ほど前のこと。孫の保育園の送迎係を卒業して寂しそうにしていた父を励まそうと、妹が両親にプレゼントした生後3カ月のミニチュアダックスフンドでした。それから父の役目にマックスの世話係も加わったわけですが、新たな張り合いができたかのように充実した余生を送っていました。

父は以前から喉頭がんを患っていましたが、マックスとの散歩を毎朝の日課にしていました。あの朝も、いつものようにマックスと散歩に出かけたのですが、帰宅後に体調を崩し、その1週間後、81歳で帰らぬ人となりました。

「ファミリーホール ウィズ」のことを教えてくれたのは私の同級生です。ペット同伴で最期のお別れができる斎場があると聞き、亡くなる直前まで世話をしていたマックスと一緒に父を見送ってあげたいとの想いから葬儀をお願いすることに決めました。担当してくれたスタッフの吉川さんは、初めて会った時からフレンドリーに接してくれ、葬儀に不慣れな私たちに色々とアドバイスしてくれましたので安心してお任せすることができました。また、マックスが式場で粗相をしてしまった際にも、付き添ってくれていたスタッフの方が「気にしなくてもいいですよ」と、優しく声をかけてくれ、こちらも気を張らずに父を見送ることができました。いつもは元気いっぱいのマックスも、葬儀中は終始落ち着いた面持ちで、父の最期を見届けられたようです。

葬儀後も吉川さんは私たちに寄り添い、親身にアドバイスしてくれました。父の持ち物の整理について相談したところ、「ご葬儀後整頓バック」の活用を勧めてくれ、預かってくれたうえでご供養もしてくれました。限られた予算の中でしたが、吉川さんをはじめとするスタッフの皆さんの、形式的ではない心の通った対応に私たちの悲しみは癒されました。

その後、49日法要や1周忌法要も、マックスと一緒にウィズで。これからも我が家の一員となったマックスと共に、父との思い出を偲んでいきたいと思います。

「最後のプレゼント」

「最後のプレゼント」

相模原市在住 O様(女性)

兄が最後にくれたのは、オーロラと共に輝く、私の愛犬の絵でした。

兄は、自然や生き物の美しさに感動しては、作品にする芸術家でした。たくさんの趣味を持ち、大きな賞をもらった時に大喜びしていた姿は今でも忘れられません。兄の人生は、中身の濃い充実した人生でした。

ロングコートチワワのピュアと私が初めて出会ったのは、7年前のペットショップでした。白くて、ふわふわなその姿に一目ぼれし、それ以来家族の一員として暮らしています。ピュアが散歩をしていると、たくさんの人が笑顔になり、声をかけてこられます。犬の持つ癒しの効果に気づき、セラピードッグの資格を取り、今ではボランティア活動ができるまでに成長しました。

兄が体調を崩し、悲しい報せが届いた時に思ったのは、兄が描いてくれたピュアと一緒に見送りたいという強い思いでした。しかし、ピュアと一緒に挙げられる式場はほとんど見つからず諦めようとしていた時、我が家のポストに「ペットと一緒に最期のお別れができる斎場 ファミリーホール ウィズ」の、明るく華やかなオープンのチラシが届きました。これはきっと兄からのプレゼントだと感じ、とてもうれしい気持ちになりました。そして、「ペットも家族の一員です」という言葉に、愛犬家の思いをやっと理解してくれる斎場が出来たと感激しました。

さっそく見学したところ、明るい雰囲気のきれいな式場にびっくり。ペット用の設備も整えられていました。

葬儀にお招きしたお坊さんや親族には、ペットと共に挙げたいと思った経緯を説明し、快く承諾していただくことが出来ました。読経中、ピュアが遠吠えをしたら、それに合わせて一緒に泣こうかと思っていましたが、ピュアは全く吠えず、子守歌でも聞いているかのようにリラックスしていたのには、家族全員驚きました。式中はピュアをペットカートに乗せ、ずっと触れていることが出来ました。

想像以上に立派な供花、料理もとても美味しく、すべての職員の方が優しく丁寧に心を込めて対応して下さいました。私から兄にしてあげられる最後のプレゼントだと思い、想いを込めましたが、後悔を一つも残すことなく、大満足の式を挙げられたことに大変感謝しています。

兄を喪った悲しみは大きく、命の重さを改めて感じる日々ですが、家族全員でまた前を向いていかなければなりません。ファミリーホールウィズで行えた葬儀が、そのはじめの一歩になった、そう思っています。

ファミリーホールウィズのお客様の声 相模原市O様 ピュア
ファミリーホールウィズのお客様の声 相模原市O様